脳が若返る物質 アセチルコリン

脳が若返る物質アセチルコリン

 

記事の概要


脳が若返る物質 アセチルコリンは、思考と記憶に必要であり、その生成過程にはレシチンが重要な物質となります。レシチンを多く含む食品は大豆、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、うなぎ、卵黄などです。

 

オーディオブック

 

1. アセチルコリン

アセチルコリンは、思考と記憶を担う神経伝達物質のエースです。

 

記憶障害が始まる歳でもないのに、物忘れがひどかったとしたら、単にアセチルコリンが不足しているかもしれません。

 

集中力の低下もアセチルコリンの不足が考えられます。このような場合、アセチルコリンの生産を援護する食事を摂ることで多くの人が集中力を改善できると思います。それらの食べ物に含まれている栄養素とは、レシチン、ビタミンB群、ビタミンC、何種類かのミネラルです。

 

その中で特に重要なのはレシチンです。

 

レシチンが多く含まれている食品は、大豆、穀類、ゴマ油、コーン油、小魚、レバー、うなぎ、卵黄などです。

 

アセチルコリンは、脳内にある神経伝達物質で、最も豊富にある物質です。このアセチルコリンは、脳の記憶センサーである海馬に多いのです。

 

アセチルコリンは、脳以外の機能にも働いています。

 

筋肉の神経細胞を刺激して、筋肉の活動を促しています。アセチルコリンは、ニューロンの中で複雑で化学的な過程を経て生成されます。

 

生成される過程には、酸素とブドウ糖、コリン(レシチンの主要な成分)が不可欠です。

 

コリンは、ビタミンB群の仲間で「アセチルコリン」の元になる水溶性の栄養素です。コリンを摂る事で細胞機能の修復、脳や肝機能の維持をしてくれ、人間には欠かせない物質と言われています。


体内において、コリンが不足すると肝脂肪が溜まりやすくなり、様々な障害が起こるようです。

 

2. アセチルコリンを元のレベルに戻すのは容易である

アセチルコリンを元のレベルに戻すのは、比較的簡単です。

 

数時間で効果が現れることもあります。アセチルコリンを作っているものを、体内に入れるのです。その中で最も重要なコリンは、ホスファジルコリンで、レシ