がん治しの秘策は免疫力をつけること

ガン治しの秘策

 

この記事の概要


がん治しの秘策は免疫力をつけることです。手術、抗がん剤、放射線治療を避けることです。質の良いサプリメントの摂取、これは、抗酸化力の高いサプリメントを選ぶことです。サプリメントは、良い食事の摂取があって効果が出るものです。

 

 

鶴見隆史先生の「真実のガン治しの秘策」を読みました。もっと早くたくさんの人々がこの事実に、気づくべきであると思います。ぜひご一読ください。医療現場の現状がよく理解できます。


1. 医師は抗がん剤を自分に使用しない

医師は自分が、がんになったら抗がん剤を自らにやりません。


抗がん剤が効かないばかりか、ひどい副作用で苦しみ、しかもそんな副作用で苦しんでも全く治らないことを知っているからです。


患者さんには、その抗がん剤を強いることが多いようです。


抗がん剤は、もともとマスタードという毒ガスをヒントに作られたものです。細胞にとっては、毒そのものです。


271人中270人の医師が“自分には抗がん剤は使わないが、がん患者には使う”と答えたという事実があります。200人の医師に「あなたはがんになったら抗がん剤を使いますか?」とのアンケートに対して、82%が受けないと答えています。


国立がんセンターで勤務していたある医師は、自らの著書の中で「末期がんの治療では、率直に言って化学療法や放射線が患者さんの死期を早めてしまうのがほとんどだった。毎日病院に行くのが辛かった。」と述べています。


2001年のがん死は、約30万人です。2006年では、33万人弱と増加の一途を辿っています。これは、抗がん剤で死んでいるがん患者が、がん死そのものよりも多いからです。


がん治療による死は、がん死そのものは実は少なく、抗がん剤による余病、腎不全などによる死のほうが圧倒的に多いのです。がん死そのものは2割、抗がん剤による死は7~8割で、30万人死ぬなら25万人は、抗がん剤による死だということです。

 

2. 抗がん剤の副作用

抗がん剤の副作用は、すさまじいものです。

 

死ぬ時は、がん死ではなく腎不全や再生不良性貧血、多臓器不全といった他の病気での死が多いのです。


8割が、抗がん剤で死ぬということは事実です。


抗がん剤や放射線で助かった人はいるのだろうかと疑問を持っている人は多いと思います。
ほとんど助かっていないのではないかとも思います、あったとしても稀でしょう。そういう人は代替医療を受けているのです。


ある地方のがんセンターの医師は、「10年やってきて今は本当に嫌になっています。というのは、ほとんどというか全く治らないからです」これは現場の切なる声です。


私の父もそうでしたが、入院して治療を受け続けて行くとみるみる痩せて行き、一年もたたないうちに亡くなりました。周りの知人であるがん患者もそうでした。そうであるならば、どうして抗がん剤治療をするのでしょうか。


大学病院やがん専門病院では、抗がん剤を使うことが当たり前の世界であり、治療マニュアル通り、良いも悪くもなくこれを選択する方法はないと思い極められているらしいのです。


抗がん剤を投与することが延命につながると思っていること。抗がん剤を使うお医者さんは、まじめな医師が多いのです。がん患者も、がん細胞を殺す薬が抗がん剤であると決めつけているため、それを受け入れるのだと思います。


しかしながら、実に多くの方が治ることなく命を失ってしまう結末を迎えています。薬は自然治癒力や免疫力を奪います。

 

3. 免疫力をつける

がん治しの秘策は免疫力をつけることです。手術、抗がん剤、放射線治療を避けることです。
食事の良い摂取法(ファスティングとその後の食事内容と食べてはいけないも)タバコが悪いのは、現代では常識です。それと同程度に、白砂糖を使った菓子類が悪いということが常識の域には達していません。白砂糖を使った食物の摂取を中止してみることです。


質の良いサプリメントの摂取、これは、抗酸化力の高いサプリメントを選ぶことです。
サプリメントは、良い食事の摂取があって効果が出るものです。
物理的治療法(鍼、遠赤外線、温泉など)がんは42.5度以上の熱をかけられると急速に死滅します。

 

がん細胞の内部に熱がこもり、がん細胞は酸欠を起こすのです。
がん治しには、秘策があります。

まとめ


 

免疫力をつけること

手術、抗がん剤、放射線治療を避ける