血が腸で造られるという腸管造血説

 

血が腸で造られるという腸管造血説

 

この記事の概要


小腸が非常に重要なことを占めていることが考えられます。老化を防いだり、病を癒すには、断食が効果的のようです。腸をいったんクリーニングするからです。きれいにした後に、大腸内の菌叢を善玉菌優位することによって質の良い排便ができるようになります。腸で血液が造られ、良質な栄養素を取り込んだ血液が体中を巡り健康を維持できるようになるわけです。

 

鶴見隆史先生の著書の中で、とても面白いところがありました。ご紹介します。機会がございましたらその著書をご一読ください。(「真実のガン治しの秘策」)

理想的な栄養バランス食品スピルナもご覧ください

 

1. 血が腸で造られる

血は骨髄で造られるというのが常識的な考えであり、定説です。
最近、血は腸で造られるという考えが再び浮上しています。

 

1. 腸管粘膜免疫が全身の70~80%の免疫力の場であること。

 

2. リーキガット(腸管透過性亢進)がかなり多くの病気の大元の原因。

 

この二つのことから小腸が非常に重要なことを占めていることが考えられます。老化を防いだり、病を癒すには、断食が効果的のようです。腸をいったんクリーニングするからです。

 

きれいにした後に、大腸内の菌叢を善玉菌優位することによって質の良い排便ができるようになります。

 

腸で血液が造られ、良質な栄養素を 取り込んだ血液が体中を巡り健康を維持できるようになるわけです。

 

腸管が最大の免疫場であり、腸を重要視する考え方が世界の潮流になりつつあります。

 

2. 血が骨から造られるというのはおかしい

血液が骨からつくられるという考えの方が、何かおかしいような気がします。直感的に血液は腸管で造られる方が正しいのではと、スコトーマ(心理