酵素と免疫機能強化サプリメント

酵素

 

この記事の概要


人が病気になるのは腸の腐敗です。腸の中の善玉菌である乳酸球菌群とビフィズス菌群が大半を占めるとき人間はとても健康でいられるようです。

1. 「スーパー酵素医療」

鶴見隆史医師(鶴見クリニック医院長)の著書である「スーパー酵素医療」(なぜ治るのか、答えはここにある!)を読みました。ご一読ください。


鶴見医師の見解では、日本の医療がいまだに西洋医学に頼る状態で、アメリカに比べて遅れているようです。


アメリカが大きく変わったのは1977年の「マクガバン報告」によって、医者がぼろくそに批判されたからです。

 

「今の西洋医療をやっている医者たちは、栄養と病気の関係を誰一人、何一つわかっていない」というものでした。このときからアメリカの医者たちは180度変わり栄養学を学び始めました。

 

2. 良いサプリメントと良い食事

薬は身体に悪く、これからの時代は、良い食べ物と、良いサプリメントによって人の身体は治ることを力説されています。


また「医者の影響はとても大きく、医者の言うことは間違いないと思っている方がたくさんいらっしゃいます。そのため薬医療を受け入れる患者さんが後を絶ちません。しかし本当は、薬で治る病気などないのです。」と現場の経験で述べられております。


鶴見医師は、患者さんを食事療法、半断食(ファスティング)、酵素サプリメントと免疫機能強化サプリメントの摂取、物理的治療(針、灸、遠赤外線、足湯)などで治療されています。
人が病気になるのは腸の腐敗です。


腸の中の善玉菌である乳酸球菌群とビフィズス菌群が大半を占めるとき人間はとても健康でいられるようです。


悪玉菌がどんどん増えると、病原ウイルスは、身体の中に侵入し、腸内は腐敗状態となり、ガスや便は驚くほど臭くなります。放っておくと窒素残留物が増大し、大腸ガン、胃ガン、食道ガンの大もとになるとのことです。


最近では、リウマチのような膠原病も腸の腐敗が引き金になっているようです。


血液は、どろどろとなり、これが全身へ流れるわけですから、痛みである頭痛、肩こり、腰痛、頸痛、背筋痛、鼻水、いびき、めまい、耳鳴り、手足の冷え、げっぷ、鼻血、下痢、便秘、