最も重要な食べ物である果物の効果

 

果物の効果

 

この記事の概要


果物は、人体の構造や機能に受け入れることができる食べ物です。果物は体内に摂取できる最も重要な食べ物なのです。

1. 果物の効果

果物は、食べるものの中で最も役に立ち、エネルギーを与えてくれる食べ物です。季節ごとに、おいしい果物がたくさん食べられます。


ほとんどの人は、果物が大好きです。身体が本能的に果物を求めているからです。果物は、あらゆる時に食べる喜びを与えてくれます。しかし、正しく摂取されなければなりません。果物が私たちの身体にどのように栄養を与えるかについて、考えてみます。

 

2. 体内にとって最も重要な食べ物

果物は、人体の構造や機能に受け入れることができる食べ物です。果物は体内に摂取できる最も重要な食べ物なのです。


人間の毎日の食事において果物がいかに重要か。人間はそもそも、肉食でもなければ草食でもありません。主に果物を食べていました。


アランウォーカー博士は、先祖たちの歯に付着していたものを調べてみたところ、化石化した条痕には、すべての歯は、例外のひとつもなく果物を食べる種族のものであることが明白であると述べています。

どんな食べ物も果物の生命力にはかないません。


生物学的に見ても、果物は人類が食べるに最もふさわしい食べ物です。果物は食べ物の中で最も水分を含んでいます。その成分の80~90%は、浄化に役立っています。さらに生命力を与えてくれる水です。

 

3. 生命維持の役割

果物には、人間が生命維持をしていくうえで、必要とするビタミン、ミネラル、炭水化物、脂肪のすべてが大量に含まれています。


果物の生命力には、ほかのどんな食べ物もかないません。
果物が正しく摂取された時、蓄積された老廃物を組織から排除する機会を全体に与えてくれます。
身体がきれいにされている状態であれば、生命活動のすべての面で活力が与えられます。身体は最大限の効率で機能できるようになります。


果物は消化にエネルギーを使いません。


果糖を摂取した人々は、ショ糖を摂取した人々よりもカロリーをあまり必要としないようです。

 

4. 組織の浄化

ウイリアム・カステリ博士(ハーバード大学教授)次のように述べています。


「果物の中にある物質は、心臓病や心臓発作を起こす危険を減らす働きを持っています。その物質は、血液が濃くなりすぎて動脈を塞ぐのを防いでくれます」


果物は、身体の組織を詰まらせることはしないで、組織の浄化に貢献してくれます。


活気にあふれた生命にとって重要な要素は、エネルギーです。消化が他のどんな活動よりも大量にエネルギーを消費します。

 

5. 消化の役割

果物が最も著しい役割を果たすのは、消化です。


果物は他のどんな食べ物よりも、消化するのにわずかのエネルギーしか必要としません。実際はほとんどエネルギーを必要としていません。果物には、消化に必要な酵素がたっぷり含まれているからです。


人間の身体にとって、摂取されたものは、最終的にすべて分解され、ブドウ糖、果糖、グリセリン、アミノ酸、脂肪酸に変えられなければなりません。


脳はブドウ糖から栄養を受けて機能します。それ以外からは機能しません。


果物は体内に入った時から、すでにブドウ糖になっています。その消化、吸収、同化に要するエネルギーはほんのわずかです。


食べ物は胃の中で一時間半から四時間半留まります。食べ物の組み合わせが良ければ、胃の中にとどまる時間は短く済みます。悪い組み合わせであればあるほど、胃の中での滞留時間が長くなります。


果物とはあらかじめ消化されている食べ物なので、胃の中では消化に時間がかかりません。
ほとんどの果物は、胃の中では、短い時間しかとどまりません。果物は、20分から30分で胃の中を通過して行きます。


食後の果物は腐敗します。果物を正しく摂取すると、消化のエネルギーは、果物の消化ではなく、身体の有害な老廃物を洗い流すために、自動的に使われます。


6. 果物の正しい摂取方法

 他の食べ物と一緒に食べない
 他の食べ物を食べた直後に食べない
 果物を食べる時は、胃の中が空の状態で食べる


このように食べると、消化にはごく少量のエネルギーしか必要なくなります。
「果物の効果を確認しよう!」(参考文献:フィット・フォー・ライフ)

 

まとめ


 

体内にとって最も重要な食べ物である

果物は生命維持の役割がある

組織の浄化に役立っている

消化の役割として欠かせない

 

参考文献の紹介

 

食品の紹介

 

サプリメントの紹介


2017年05月17日