半断食で細胞から若返る健康方法

半断食で細胞から若返る

 

この記事の概要


判断食とは、完全断食のように一切食べ物や水を摂らないということではなく、水分補給をし、食べ物を少量にし、酵素中心の食物摂取に心がけることで、悪い毒素細胞を一旦処理し、質の良い細胞に作り変えるのです。


1. 半断食効果

栄養過剰と言われている日本において、半断食から始まる病気予防について考えてみました。
判断食とは、完全断食のように一切食べ物や水を摂らないということではなく、水分補給をし、食べ物を少量にし、数日間から二十日間または長期の三ケ月間続けてみることです。

 

少量の食べ物とは、酵素のある食べ物を中心(生の果物など)にしなければなりません。

 

目的が、「体内の酵素を温存すること」にあるからです。そうして身体の中を浄化していこうという考えです。


フランスの人々はこの半断食を「メスのいらない手術」と呼んでいます。美食を続けていると酵素が大量に消費され、その酵素が大きく減り寿命を短くしてしまいます。この半断食によって潜在酵素の無駄遣いを少なくすることができます。


臓器は、食事の過剰摂取により、過酷な労働を強いられています。生活の中で最もエネルギーを消費するのは、食事をした時の消化です。


肝臓などは、フル回転の作業に耐え切れず、毒素をいっぱい詰め込むことになります。
半断食には、臓器を休ませる効果があり、炎症を抑える最大の力になります。

 

半断食で細胞から若返る健康方法には、食べ物を少量にし、水分補給し酵素中心の食べ物摂取に心がけ、体内酵素を温存し、悪い毒素細胞から良い細胞に作り変える効果が期待されるのです。

 

2. 病気の時は何も摂らない

病気のときには何も食べるなと言われています。「病気のときには体力が落ちているから無理にでも食べたほうがいいですよ」というのは、間違ったアドバイスです。
消化とは膨大な作業です。

 

食欲がなくなるというのは、身体が「消化酵素を使わないでください。今は、健康回復のために代謝酵素が大忙しです」と訴えかけているからです。


動物たちは具合が悪いときには何も食べずにじっとしています。半断食の効果は、宿便でいっぱいになった大腸の掃除ができます。本当に大腸をきれいにしたければ、ちょっと長め(7日間から20日間)を実践してみることです。


大腸は、食べたものがその腸壁にこびりつき古宿便となって腐敗毒を撒き散らしたり、吸収している臓器です。


これによって汚れた血が作られ、全身を流れ病気を作っていきます。この宿便を溜めておくことで一つもよいことはありません。宿便が抜けきった腸になったときから健康の道が拓かれます。
大腸や小腸がきれいになると、血液がサラサラになります。


赤血球の機能が回復し、リンパ球や白血球の力も強くなり、免疫強化につながります。

 

3. 細胞便秘

半断食を行うと小腸や大腸の宿便が取れるばかりではなく、全身の細胞に積もった「細胞便秘」をも解消します。


細胞便秘とは、細胞の一つ一つに存在する宿便というようなものです。


毒素がうまく処理できないと、細胞の中に汚れた悪い毒素がこびりつきます。これらの毒素は、病気を生み出す大もとの細胞となります。身体のあちらこちらで炎症を起こします。
半断食を続けて行くと悪い細胞は、処理されていき、良い細胞ばかりになっていくようです。


肥満体の人は、細胞便秘によって作られた老廃物だらけの細胞によって肥満しています。そのため、すべての臓器は、非常に質の悪い状態になっています。


正常体重の人でも、質の悪い食事(加工品、添加物食品など)をしている人は体内が質の悪い細胞だらけになっているということです。

 

4. 毒素細胞

悪い毒素細胞を一旦処理し、質の良い細胞に作り変える必要があります。


これらによって、自覚することは、呼吸がしやすくなります。息切れも動機もしなくなります。
血が奇麗になると、乳酸が血液に入ることはなくなるので痛みは解消されます。脳の血の汚れも取り除きます。


脳神経が円滑に流れるようになり、頭痛持ちは痛みが治まり、記憶が蘇ります。感覚の敏感さが蘇ります。


参考文献:鶴見隆史医師(鶴見クリニック医院長)著書「スーパー酵素医療」(なぜ治るのか,答えはここにある!)

「細胞レベルの毒素を取り除こう!」

 

まとめ


半断食を食べ物を少量にし、数日間から二十日間または長期の三ケ月間続けてみる

細胞レベルから宿便を取り除く

毒素細胞を質の良い細胞に作り替える

 

参考文献


2017年06月09日