免疫の7割は小腸で3割は心で造られる

免疫の7割は小腸で、3割は心で造られる

 

感想の概要(6)


藤田紘一郎先生の「人の命は腸が9割~大切な腸を病気から守る30の方法」を聴いた感想をまとめてみました。第6回目です。


免疫の要塞である小腸は、がんになりづらいですが、大腸は毒素を抱えるため、がんの罹患率が高くなっています。免疫の7割は小腸で、3割は心で造られるので、楽しく笑うことが免疫力を強化させるのは事実です。


1. 死因のトップはがん


1981年以降がんは死因のトップに位置しています。日本国民の3人に1人という多さです。実際がんは他人事ではありません。あなたの体内では毎日3,000個から5,000個のがん細胞が発生しています。

調査によりますと日本人の8割が、この事実を知らないと答えたとのことです。誰もが、がんの火種を抱えて今日を生きているのです。

 

2.細胞のコピーミスからがんが発症する


人間の体は、およそ60兆個の細胞で構成されています。この細胞は新陳代謝とともに入れ替わっています。一日約2%が新しい細胞になっているのです。

細胞にとってこの作業は大変なことです。一つの細胞にある遺伝子の30億文字の情報を間違いなくコピーしながら分裂をしているのです。正確に行っているのですが、たまにコピーミスも起こります。ここからがんが発症するのです。

 

3.免疫システム


がん化する前に、死滅させれば、がんにはなりません。この時、免疫システムが活躍するのです。多種多様の免疫細胞が多角的に攻撃し始めるのです。

がんは細胞の病気です。全身にできる可能性もあるのです。小腸だけは、がんになりにくい臓器です。小腸は免疫細胞が集結している要塞であり、いち早くがん細胞を消滅してくれる働きを持っているのです。

小腸の粘膜は新陳代謝が活発なので、がん細胞を無くさせ安いようです。

 

4. 大腸がん


大腸がんは、非常に多く毎年10万人が、罹患(りかん)し罹患率ではトップの部類になるとのことです。

大腸の働きは、大便を作って排泄するのが働きですが、なぜ大腸は、がんになり安いのでしょうか。腐敗菌が溜まる大腸では、悪玉菌が溜まりやすくなります。

このような状態に動物性の脂肪やたんぱく質が入ってくると悪玉菌が異常に繁殖し、毒素を出すのです。この毒素が大腸を傷つけ、がん細胞を増殖させ安くしているのです。悪玉菌が出した毒素は腸全体を老化させます。

そればかりか、体全体の臓器を傷つけ病気を引き起こさせています。

悪玉菌が毒素を出す最大の原因は、食物繊維が不足しているからです。食物繊維を豊富に摂り入れれば、悪玉菌は大人しくなります。

 

悪玉菌の大好物である食物繊維を毎日、必要な量を摂ることです。腸内細菌である悪玉菌も、食物繊維を最高の餌とします。悪玉菌は、食物繊維を餌と生息している間は悪いことをしないで毒素も発生させません。

味方の良き兵士として休んでもらっている状態です。休んでばかりではなく、味方になって働いてくれています。それは体に必要なビタミン類の生成をしています。

食物繊維には、悪玉菌を味方にさせる力があります。

 

5. 楽しい気分で大声で笑うと免疫力は強化される


腸内細菌のバランスは、食事と生活習慣に大きく影響されるとのことです。腸内細菌が身体によい働きをするよう腸内細菌のためになるよう、生活習慣を築く必要があります。免疫の7割は腸で造られます。

腸内細菌を上手に生かすことでがんのサイクルは断ち切ることができます。

7割の免疫では、完全に胃がんを予防できないようです。残り3割の免疫とは何か。残り3割の免疫が造られている場所は心です。

 

6. がん細胞を攻撃している免疫細胞はNK細胞


がん細胞を攻撃している免疫細胞は、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)です。NK細胞はがん細胞をいち早く攻撃し、がん化するのを防いでくれています。

 

NK細胞は、心の状態で大きく変化します。NK細胞を活性化する方法は、楽しい気分になったり、笑ったりすることらしいのです。病気は心の世界に起因している場合が多いようです。落ち込んだり暗くなったりすると活動を停滞させます。

 

ストレスを抱えて生活していると攻撃力を弱めてしまいます。

 

笑うことでNK細胞が活性するデータは、たくさんあり