美肌に必要なアミノ酸はたんぱく質にある

美肌

 

記事の概要


美肌に必要なアミノ酸はたんぱく質にあるのですが、美肌効果を持つアミノ酸は、人体に必要な20種類すべてのアミノ酸であり、アミノ酸の総合力によってすぐれた美肌養成効果が生まれます。

1. 肌の状態

「若い」とか「老けた」というように見られるのは肌の状態です。

目の周りのシミやくすみが多くハリのない肌は、実年齢以上に老けた印象を与えてしまいます。
シワのないつるつるな肌は、若々しく見えます。女性はとくに、見た目の印象を気にする人が多いようです。

美肌効果があるという、いろいろな美容液や健康食品が数多く出回っています。美肌づくりの基本は、食事、運動、睡眠です。

食事摂取の中でも、アミノ酸は、美肌づくりにおいて、他に類をみないほどの威力を発揮しています。

ダイエット中の方は、肌のつやが悪い人が多いと言われています。そのような方は、血中のアミノ酸濃度が、一般的に低いのです。必須アミノ酸を基本としていないダイエットで、低栄養状態に陥ってしまう人が、多いと言われています。

2. アミノ酸には美肌力

食事では、しっかりタンパク質を摂る必要があります。

アミノ酸を摂ると翌週には、肌のつやがよくなる方が多いようです。アミノ酸には、美肌力があります。アミノ酸は若くフレッシュな肌の細胞をつくる原料そのものであり、肌のハリや潤いを保つ成分に、働きかける力があります。

アミノ酸には、美しい肌をつくり、磨きあげる力があります。

アミノ酸による美肌力によって得られる効果は、次のようなものです。

 肌の老化を防ぎ、くすみをとる
 うるおいを保ち、肌荒れを防ぐ
 きめ細かく、ハリのある肌をつくる
 しわを増やさない
 シミ・ソバカスを防ぐ

美肌効果を持つアミノ酸は、人体に必要な20種類すべてのアミノ酸であり、アミノ酸の総合力によって、すぐれた美肌養成効果が生まれます。肌のきれいな人は、角質層の状態が良好です。
それは肌の新陳代謝、すなわち、肌の生まれ変わりの周期が良好な状態です。 
 
角質層は、表皮細胞が少しずつ上へ押し上げられ、14日ほどかけて角質層にたどり着きます。
角質層は、簡単に剥がれてしまわないように、セラミドという毛細血管から滲み出る成分で抑えられています。

肌を守るという役割を終えると、垢となって落ちて行きます。細胞が生まれてから垢となって剥がれて行く周期を、ターンオバーと言われています。若く健康な人のターンオーバーは通常28日です。28日で肌は、新しく生まれ変わって行きます。

年とともにターンオーバーのサイクルは、遅くなります。

細胞の材料となるアミノ酸の体内での合成力が、加齢とともに衰え、新陳代謝が悪くなるからです。若いころの周期が、28日だったのが、30代、40代には、35日から40日周期になります。

老化を遅らせるには、抗酸化力のある食事が大切になります。抗酸化力を代表するポリフェノール類は、長寿遺伝子をオンにする働きがあるからです。

角質は死んだ細胞です。アミノ酸の持つ大きな役割の一つは、細胞の原料になることです。

3. スキンケア

アミノ酸がなくては、質のいい肌をつくることはできません。

スキンケアのアミノ酸には、血流を良くして隅々まで栄養を運び、全身の肌細胞がリフレッシュするのを、助ける効果があります。

スキンケアのアミノ酸の中でも、とくにアスパラギン、チロシン、セリンの三つは、自ら肌の細胞の材料になると同時に、細胞分裂に必要な酵素の材料にもなることで、フレッシュな細胞をどんどんつくっては上に押し上げ、ターンオーバーの乱れを改善します

古く汚れた細胞をどんどんはがして、すくみをとり、肌の老化を防ぐのに大いに役立ちます。きれいな肌を持つ人は、健康なわけです。

4. コラーゲン効果

コラーゲンは、いくつものアミノ酸が結合してできています。コラーゲンそのものの分子は、かなり大きくなります。

化粧品に配合されているコラーゲンは、肌の上から付けても、まず吸収されることはありません。

サプリメントに配合されているコラーゲンも、体内で一度アミノ酸に分解されてから吸収されます。

化粧品でもサプリメントでも、コラーゲンの効果を期待したいのならば、最初からアミノ酸を摂ったほうが効果的です。アミノ酸は、それ以上分解の必要がありませんから、効果的な水分がすばやく吸収されます。

 

5. シミそばかす

放出されたメラニン色素は、表皮に分散され、ターンオーバーサイクルがスムーズならば角質とともに剥がれ落ちます。


強すぎる刺激を受けると、分散したメラニン色素は、いくつかの集合になり、そのまま有棘層(ゆうきょくそう、顆粒層と基底層の間にある上皮の層)の底に沈みます。メラニン色素の拡散の度合いが大きいのがシミになり、低いのはソバカスになります。


シミそばかすを防ぐには、スキンケアアミノ酸をたっぷりとることです。


表被細胞の成長をどんどん促しましょう。生まれたばかりの表皮細胞は、表皮の深い位置にあるので、浅い位置にあるシミやそばかすは、細胞と一緒に押し上げられ、やがて垢と一緒に押し上げられ剥がれ落ちます。

6. スキンケアアミノ酸の効果的な取得方法

美しい肌をつくるための三大栄養素の割合は、炭水化物:脂肪:タンパク質:=5:3:2です。


肌の状態が悪い人は、タンパク質不足が原因です。肌や髪のためには、朝出かける前に、アミノ酸を摂取するのが効果的です。


入浴前でもまたよいようです。お風呂に入る20分前に飲んでから、お風呂に入ると血行が良くなってアミノ酸が全身に回り効果的です。アミノ酸は空腹時の方が吸収率はアップするようです。

 

7. スキンケア・アミノ酸を多く含む食品

観世ふ、小麦胚芽、粉末小麦タンパク質、カシューナッツ、ごま、ピスタチオ、ひまわりの種、松の実、落花生、干し湯葉、粉末状大豆タンパク、緑豆、鰹節、スジコ、タラコ、シシャモ、マグロ、車えび、和牛の肝臓、豚の肝臓、カゼイン、卵黄、脱脂粉乳、ほしのりなど

8. シワ対策

表皮と真皮の下にある皮下組織は、コラーゲンとエラスチンの二種類の繊維質、細胞皮下脂肪、それらの隙間を埋めるヒアルロン酸などのゲル状の液体と水分からできています。


シワは、表皮と真皮の面積より、皮下組織の分量が小さくなることで刻まれます。皮膚は、皮下組織が縮むと真皮と表皮が余り、シワとなります。皮下組織が縮むのは、皮下脂肪の量が減るのがおもな原因です。


スキンケア・アミノ酸は、脂肪細胞を活性化し、脂肪の抜けた細胞がハリを失うのを防ぎます。
コラーゲンをつくっている繊維細胞を活性化し、肌の弾力を維持する働きもあります。


アミノ酸は、必要に応じて、体内で脂肪を合成して、小ジワができてしまうほどの急激に皮下脂肪が減るのを止めます。


スキンケアアミノ酸は、三つの作用により、ダイエットや加齢などによる皮下組織のボリュームの減少を防ぎ、シワができるのを抑えます。

 

(参考文献 アミノ酸で身体の調子がどんどん良くなる!三條健昌医師著)

まとめ


アミノ酸がある食事を摂る

アミノ酸による美肌効果

スキンケアの効果

美肌維持にはシワ対策

 

参考文献

 

食品の紹介

 

サプリメントの紹介


2017年02月21日