青汁製品は神経伝達物質を活性化する

青汁食品

 


この記事の概要


青汁製品は神経伝達物質を活性化するので、肉体的エネルギーを生み出します。脳の中のニューロンは、すぐには再生されないので、元気を回復させるには、神経伝達物質、内分泌系が効率よく働くようにすればよいのです。

 

1. 脳を活性化するための努力

歳をとるのは当たり前だと思い込んでしまうことがありますが、脳を活性化するために努力している人は、老けこまないで若さを維持しています。


脳の中のニューロンは、すぐには再生されないので、元気を回復させるには、神経伝達物質、内分泌系が効率よく働くようにすればよいわけです。


効率アップの鍵は、栄養剤や自然の強壮剤の効果です。


これらを組み合わせると神経伝達物質の働きやニューロンの代謝に効果が現れます。内分泌系も刺激されて、若いころの本来の機能を果たすようになります。

 

2. 自然の強壮剤

青汁製品は、その中のプペチドがノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質を活性化するので、すぐに肉体的なエネルギーを生み出します。


朝鮮ニンジンは、副腎の機能を高めるのですぐに元気が出ます。


慢性的な栄養素不良の人ならば、ビタミンB群を摂ることで、元気になります。 衰える脳ではなく再生する脳がこれからの頭脳の常識です。

 

3. 高齢化社会

年をとったら、脳が衰えるという常識は間違いです。団塊の世代が高齢に達成するには、65歳以上の日本人の数は今後20年間に倍増されることが予測されます。


政府は、高齢者のために税金を費やし、年金がパンク状態になることを多くの人々が懸念しています。政府がどのような政策をとっても老後のためにとっておいた貯金は、またたく間に底をついてしまうでしょう。


85歳以上の人の数は、65歳以上の人の数よりも、さらに速いペースで増えます。超高齢者が増えることは、国にとって大きな負担になります。


さらに85歳以上の半分近くは、アルツハイマー病にかかっていて、24パーセントは、老人ホームに住んでいます。このままでいくと近い将来、何百万の高齢者が病み、貧しい生活を強いられるだけでなく、社会の邪魔者とされ、家も失い、ぼけてしまうとニュースなどで報じられています。


誰もが、このような悲観的な予測を信じたくはないはずです。


多くの方々の予測では、高齢者が今後も現在と同じ率で医療を必要とする前提に立っています。
これからの社会は、高齢者の多くが歳をとると心身ともに弱くなるという常識は、当てはまらないと思います。

 

4. 高齢者による健康への努力

歳をとっても健康で、生産的な人が増えるはずです。そのためには、みんなで努力する必要があります。良質なたんぱく質を摂り、抗酸化力の高い食事をし、運動をし、頭をよく使うことです。


多くの方は、脳を活性化することによって、前よりも感性が豊かになっています。


脳が、さまざまな有毒物質にさらされたり、ホルモンバランスが欠けたり、代謝が上手くいかなくなったら能力を完全に発揮できなくなります。


脳が元気になれば、身体全体が元気になり、何でもできるという自信が湧いてきます。


本来の自分を取り戻せたら、新しい世界が目の前に広がり、子供のころに熱中した時の世界、活力と喜びのある世界、物事が明解な世界が見えてきます。


子供の時、知っていた真実を再発見するでしょう。


真実とは現実であり、あるがままの事実です。これまでのように疲労、混乱、怒り、不安によって歪めて世界を見ることはなくなるでしょう。

 

5. 知恵は年老いた人に備わっている

ありのままの姿を心に映すことができるのです。大人として、この世界をあるがままに見ることができた時、生きる知恵を授かるでしょう。


知恵は年老いた人に備わっています。経験が生み出すものだからです。


歳を重ねるにつれて、ニューロンは新しい樹状突起を作り、それを通じて他のニューロンと新しい繋がりを築いていきます。


中年になる頃には、何十億ものニューロンの繋がりが、できています。

 

長生きをすればするほど、この繋がりは増えていきます。これは、長生きの特権です。年齢を重ねた人は、若い人が持とうとしても、持てないものをもっています。それは緻密なニューロンに支えられた多彩で幅広い世界観です。とても素晴らしいことです。


中高年の人の脳は、無限に近いネットワークをもっています。それは自然からの贈り物であり、長生きの対価です。

 

まとめ


元気を回復させるには、神経伝達物質、内分泌系が効率よく働くようにすればよい

85歳以上の半分近くは、アルツハイマー病に、24パーセントは、老人ホームに住んでいる

歳を重ねるにつれて、ニューロンは新しい樹状突起を作る

 

紹介


 

 

 

 

2017年08月27日