人類の生命は水そのものです

人の命は水そのもの

 

この記事の概要


 

人類の生命は水そのものです。体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態が驚くほど変わります。体内を水が循環し、新陳代謝を繰り返しています。良質な水を体内に送り込むことが健康と若さを保つ秘訣なのではないでしょうか。

 

1. 人類の生命は水そのものである


水は、健康に大きな役割を果たしています。すべての生命は、水なしでは存在できません。人類も、水そのものと言っていいでしょう。水がなければ今日を生きられないのです。

多くの人が水の種類と飲み方には、関心がないようです。大人では体重の約六割、新生児では約八割が水でできているのですが、毎日同じ水道水にフィルターをかけたものを飲むか塩素入りの水をそのまま飲むかです。

水がなければ健康を維持できません。体内の水が不足すると喉の渇きだけでなく、頭痛を感じます。

体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態が驚くほど変わっていくのを感じます。体内を水が循環し、新陳代謝を繰り返しています。そのような意味で良質な水を体内に送り込むことが健康と若さを保つ秘訣なのではないでしょうか。

 

2. 水の役割


発汗による体温調節

新陳代謝の促進

有害物質の解毒

精神の亢進を沈める(亢進:高ぶり進む)

入眠安眠の促進

心身のかくしん作用

利尿排便の促進

血液の循環の促進

どの様な種類の水をどのように飲むのかを考慮するだけでこれらの健康効果を得られるのです。

 

3. 体調に適した健康を増進させる水の選び


体調に適した水の選びは、ある意味においてサプリメントを飲むようなものです。人の体は水そのものです。水の選びを誤ると飲めば飲むほど健康から遠ざかっていきます。

健康に良い水の条件として次の点が挙げられます。健康を向上させるための最低条件です。

人の手を加えていない天然の生水

塩素添加、加熱など殺菌処理をしなくても天然の生水であること

私たちの体は太古の昔から変わらないのですから太古の昔から住んでいた人々と同じような細胞レベルから人を元気にさせる水を飲むことが元気の源なのです。

水を選ぶときにのポイントは、非加熱とラベルに明記された天然水を選ぶことです。

 

4. 鉱泉水、硬水、温泉水


水のラベルを見ると原材料名が記載されています。原材料とは採水地のことです。お薦めなのは鉱泉水、硬水、温泉水です。

鉱泉水、硬水、温泉水は、雨、雪、雪解け水が数十年かけて磁鉄鉱や石灰岩に染み入り厚い岩盤を通り抜けて湧きだした天然水です。ミネラルバランスが良く体に染み入って老廃物の除去や、体内の活性化に役立ってくれるのです。

 

5. アルカリ性の水


健康な人類の体液は、弱アルカリ性です。アルカリ性の水は体との相性が良く、吸収率がとても良いのです。

またアルカリ性の水は、活性酸素を中和する働きがあります。活性酸素の害に常にさらされている現代人にとっては、アルカリ性の水は不可欠だと考えています。

アルカリ性の水は、腸の粘膜の障害を改善し、胃酸過多を和らげる効果があることが期待されます。

 

6. 自分の体調に適した硬度の水


天然水の健康の効果は、水の硬度によって決まります。

硬度とは簡単に言えば、ミネラルの含有量です。例えば長寿の水と、世界的に有名な水は、すべてカルシュウム含有量の多い硬水です。

ただし、腎臓に疾患がある人が飲んではいけません。自分の健康に適した水を選びましょう。

6-1 軟水硬度

1リットル当たり0から100ミリミリグラム未満

ミネラルの含有量が少ない分、体への負担も小さく、体調を崩しているときの水分補給に最適です。

就寝前のコップ一杯は、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐ、名水となります。この時は、アルカリ性の軟水が適しています。

国内の天然の軟水

岩手県の選仙人秘水

 

島根県の金城の華

 

静岡県山梨県のクリティア

 

北海度の大雪山 ゆきのみず

 

6-2 中硬水


硬度1リットル当たり100ミリグラムから300ミリグラム

カルシュウムとマグネシュウムの豊富なアルカリ性の水を日中コップ一杯ずつ喉が渇く前に飲んでおくと脳梗塞と心筋梗塞の予防になります。

高血圧や高脂血症の改善に役立つでしょう。慢性疲労には、硬度が高い炭酸水がおすすめです。ただし硬水は就寝前や下痢の時体調不良の時は飲まないようにしましょう。

四国ぞっこん

 

外国産はエビアン

 

6-3 超硬水


硬度1リットル当たり301ミリグラム以上

マグネシュウムの含有量が多くなるほど苦みなど独特の風味が増し、飲みにくさを感じるようになります。

その水が体調に適していると思うならば、試しに2週間飲んでください。体に適している水ならば、だんだんと美味しいと感じるようになります。

便秘の改善やダイエット、疲労回復に最適です。

三重県の命の水

 

青森県の浅虫温泉水

 

大分県のマグナ1800などは、

ちょっと高めですが、国産の水に珍しく、硬度の高い水です。

気軽に飲むならば、外国産のヴィッテル、コントレックスなどもよいでしょう。

水を飲む量

水を飲む量は、大人の場合、1.5から2リットルが適量です。一回に飲む量は、コップ一杯程度

一度に大量に飲むのではなくちびりちびりと飲みましょう。

 

まとめ


体に適した水の選び

間違った水を選ぶと健康を損ねる

加熱のない天然水を選ぶ

 

参考文献


 

紹介


 

 

2017年10月26日