シリカは体内のコラーゲンの生成

しrイカは体内のコラーゲンを生成

この記事の概要


シリカは体内のコラーゲンの生成を助ける働きがあります。体内のコラーゲン生成を高めるには、シリカが必要になります。コラーゲンを食べる以上に、体内での生成力が大切になります。シリカは体内では生成できません。

 

1. シリカ


※シリカ(英: silica)は、二酸化ケイ素(SiO2)、もしくは二酸化ケイ素によって構成される物質の総称です。シリカという呼び名のほかに無水ケイ酸、ケイ酸、酸化シリコンと呼ばれることもあります。

石英や水晶などの鉱物に含まれるシリカ分子が体内にも存在しています。

人体に存在しているシリカは水溶性の分子で、水に溶け込む性質を持っていて、細胞膜にあり、細胞の強度を保つ働きをしていることが分かってきました。

シリカは、血管の弾力性が高まり、血管年齢を若返らせることが期待できそうです。

 

2. コラーゲン生成を助けるシリカ


シリカには、コラーゲンの生成を助ける働きがあります。コラーゲンは、皮膚を形成する大事なたんぱく質です。

コラーゲンの量が、皮膚を若く保ったり、老けさせたり、皮膚の状態を左右させています。

40歳を過ぎたころから、コラーゲンが急激に減り始めます。そのため、肌の弾力が落ち、しわなどが目立ち始めるのです。

口から摂り入れたコラーゲンは、腸でアミノ酸に分解されてから体内に吸収され、体の必要なところに送られます。そこで、再びたんぱく質になるのです。

皮膚のコラーゲンが減ってしまうと、柔軟性や弾力性、保湿性を失ってしまいます。頭皮も同じように力を失ってしまいます。

そうなると毛母細胞を育てる力を失ってしまい、髪の毛も薄くなってしまいます。コラーゲンを取り入れると髪の毛も太くなると言われています。

体内のコラーゲン生成の効率を高めるには、シリカが大変重要になります。コラーゲンを食べる以上に、体内での生成力が大切なのです。

このシリカは体内では生成できないだけではなく、成人は1日当たり、10~40㎎ずつ消耗されていくことが分かってきています。

補うためには、シリカを含む食品や飲料水を毎日摂り入れていくことが必要になります。摂り入れることにより、肌や髪の毛は若返ります。


3. シリカを含む天然水


シリカ水とは、シリカを豊富に含む天然水です。毎日飲むことで髪の毛が元気になっている人も多いようです。

有名なシリカ水は、フィジーウォーターでハリウッドスターが愛飲しています。

日本では、宮崎県小林のシリカ水が有名です。シリカの含有量は、1リットル中シリカが97㎎もあります。


国内の水でシリカがここまであるのは大変珍しいようです。


4. シリカを含む食品



シリカを含む食べ物
栗、キビ、ヒエなどの雑穀や玄米、全粒穀物に豊富に含まれています。特にキビは100グラム中500㎎もシリカが含まれています。

日常的に食べられていたこのような食物が現在では、生成された食物になりシリカ不足を招いています。
その他には、青のり、ワカメ、ひじきといった海藻類、味噌、納豆などの大豆食品、野菜類では、ジャガイモは、100グラム中200㎎含まれていいます。蕎麦、ゴマ、鯖や秋刀魚にも含まれいています。


まとめ



シリカは細胞膜にあり、細胞の強度を保ち若さを維持する働きがある
シリカには、コラーゲンの生成を助ける働きがある
国内では宮崎県小林のシリカ水がシリカの含有量が多いので有名

紹介


 

 

 

 

2017年12月23日