サプリメント原料は合成か天然か

サプリメント原料は合成か天然か

この記事の概要


サプリメント原料は合成か天然かは、天然を選んだほうが安心です。天然の原料は、合成の原料よりも吸収率や体内での働きが良いところです。合成のビタミンは、化学構造は似ているのですが、微妙な違いがある不純物も安価なものにあります。

 

1. サプリメントの原料表記


サプリメントの原料表記が気になります。化学的に作られた合成原料なのか、果物や野菜などから作られた天然の原料などがあります。

化学的に作られた合成原料は、安くて高濃度に作ることができます。ただ不純物が混入するリスクも抱えています。

天然の原料は、合成の原料よりも吸収率や体内での働きが良いところです。天然の原料は、食事として食べている野菜や果物など、体に馴染んでいてこともメリットとして挙げあられます。

安い合成原料のサプリメントは、避けた方がいいと思います。

 

2. 化学合成


サプリメントの多くは中国製です。中国製でもきちんとした設備と管理体制で製造する工場はありますが、品質レベルの低い工場で製造されたものもあります。

人工的に化学合成されたビタミンは、栄養素だけでなくよく似た物質までできてしまいます。

化学構造は似ているのですが、微妙な違いがあるのです。その細かい部分が、ねじれていたりする事もあります。

化学合成の製造過程によって全ての構造がそっくり反転している分子、光学異性体ができてしまうことがあります。

 

3. 不純物ビタミン


ビタミンには似ているのですが、実は、不純物です。通常は精製して不純物を取り除く作業を行います。これには、非常に手間とコストがかかります。安いサプリメントは、この精製するコストを省いている可能性が大いにあります。

化学構造がちょっとでも違っていたら、本物のビタミンの働きはしません。不純物ですから、体にとって害になるかもしれません。

ビタミンは補酵素としての役割があり、酵素と共に働きます。酵素は、補酵素がないと働けないものも多く存在します。

補酵素のビタミンB群は、酵素と代謝にかかわる働きをします。不純物として出来上がったビタミンBが激安で売られ、それを毎日摂取していたとしたら、酵素とくっついて本来の働きを行うのでしょうか。

合成ビタミンの摂取で、体内の酵素が無駄になる可能性もあるのです。

 

まとめ


化学的に作られた合成原料は安くて高濃度に作ることができますが不純物が混入

サプリメントの多くは中国製

安いサプリメントは、精製するコストを省いている

 

紹介


天然素材

 

 

 

 

 


2017年12月25日