輸入サプリメントの問題点は

輸入サプリメントの問題点

この記事の概要


輸入サプリメントの問題点は、粒が大きかったり添加物が多かったり、効き目が強力過ぎ、栄養過剰になったりします。温暖な生活環境に住む日本人の身体には、海外仕様の設計は合っていないこともあります。

 

1. 海外サプリメントの設計は日本人に合っていない


海外のサプリメントは、日本人に合っていない場合があります。とくにヨーロッパ・アメリカなどの西洋諸国、中国などの大陸の人々は、体が強くできています。厳しい寒さのもとで生き抜くためには、皮下脂肪も厚く体温もやや高めです。

リンパ球体質で、身体が強いので薬は強くできています。サプリメントも同様に強い効き目が期待できますが、温暖な気候で暮らす顆粒球体質の日本人には、効き目が強い薬やサプリメントは、合わない場合があります。

アメリカのサプリメントは、作りがとても強力です。アメリカ人は体が大きく、合理的で即効性を求めます。日本人がそれを飲み続けていたら、栄養過剰になる恐れもあります。

アメリカのサプリメントは、粒が大きめです。添加物も多いと思った方がいいでしょう。メーカによっては、日本仕様として、日本人にあったサイズや効能を設計してくれるところもあります。

海外から直送のサプリメントは、英語が読める方でも、有効成分や添加物を理解するのは難しい点もあります。

日系の企業であれば真摯に対応してくれるところが多いですが、海外の企業であれば、責任追及ができるかどうか難しくなることもあります。

 

2. 価格の基準


合成のサプリメントの場合、不純物を取り除くためにコストがかかりますので、安いサプリメントは、品質に問題がありそうです。

天然の原料を材料にするサプリメントは、植物、野菜、果物から抽出するものですから価格を安くするのが難しくなります。

高額なサプリメントだから素材がいいかというと、そうでもないようです。あまりにも高額なサプリメントは、弱みに付け込んだお金狙いの場合があります。

マルチビタミンとミネラルの相場は、1ヶ月分では、3,000円から10,000円ぐらいだそうです。

 

まとめ


海外サプリメントの設計は日本人に合っていない

アメリカのサプリメントは、作りがとても強力

マルチビタミンとミネラルの相場は、1ヶ月分では、3,000円から10,000円

紹介


 

 


2017年12月26日