脳の機能を高める栄養素には

脳の機能を高める栄養素

この記事の概要


脳の機能を高める栄養素には、サプリメントと自然の強壮剤があります。ビタミンの過剰摂取よりも、老化した脳がビタミン不足により正常に機能しない方が問題です。そのためにも良質の栄養素をたっぷり摂る必要があります。

 

1. 脳の機能を高める栄養素


脳の機能を高める栄養素には、サプリメントと自然の強壮剤があります。毎日、何種類かのビタミン類やミネラル類を摂るのが望ましいと言われています。

複合ビタミン剤には一部が含まれていますが、ビタミン不足による病気を防ぐには十分でも、年老いても衰えない脳にするには、不十分と言えます。

人生の最後まで脳が正常に機能するには、良質の栄養をたくさん摂る必要があります。

十分な栄養分を得るには、大量に食べなければならないものがあります。例えば1グラムのビタミンCを取るには毎日オレンジを20個食べなければなりません。

50㎎のビタミンB6を摂るには、レバーを9キロ食べる必要があります。食べ物だけで摂取するのが難しい場合は、サプリメントに頼るのが賢明です。ビタミンやミネラルは基本的に必要な栄養素です。

食べ物には、炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が含まれていて、体に必須であり、摂らなければ身体を損なってしまいます。

ビタミンの過剰摂取を懸念する声もあります。大量に摂ると体に悪いのは事実ですが、薬物の副作用に比べれば、ビタミンの過剰摂取の弊害は大したことがないようです。

確かに、ビタミンB6は摂り過ぎると神経障害を起こす問題があります。その量ですが、1000㎎から6000㎎といった量は、大量の錠剤です。通常1個あたりは、50から100㎎です。鉄分も取り過ぎると活性酸素の働きを促します。

これらの例外を除くと、ビタミン剤の摂り過ぎを心配する必要な内容です。ただ、合成で作ったビタミン剤は、化学構造がねじ曲がっている不純物があります。そのような精製されていないものは摂らない方がいいようです。精製過程を省いた不純物が混ざっている製品は、安価に売られています。

 

まとめ


脳の機能を高める栄養素には、サプリメントと自然の強壮剤がある

人生の最後まで脳が正常に機能するには、良質の栄養をたくさん摂る必要がある

薬物の副作用に比べれば、ビタミンの過剰摂取の弊害は大したことがない

 

紹介


 

 

2017年12月27日