ビタミンAは強力な抗酸化剤

ビタミンA

この記事の概要


ビタミンAは強力な抗酸化剤です。汚染された大気やたばこの煙に含まれる有害な物質を無毒化する効果があり、活性酸素で傷つきやすい細胞膜を守ってくれます。βカロテンを一緒に摂ると効果がさらに期待できるようです。

 

1. ビタミンAは強力な抗酸化剤


ビタミンAは強力な抗酸化剤です。活性酸素で傷つきやすい脳細胞の細胞膜を守ってくれます。心臓発作と脳梗塞のリスクを下げたという研究結果もあります。

汚染された大気やたばこの煙に含まれる有害な一重項酸素を、無毒化する働きがあります。

※ビタミンA とは、レチノール、レチナール、レチノイン酸およびこれらの3-デヒドロ体と、その誘導体の総称です。

ビタミンの中の脂溶性ビタミンに分類されます。化学的にはレチノイドと呼ばれます。レチノールのみを指してビタミンAと呼ぶこともあるようです。ビタミンAは動物にのみに見られます。

ビタミンAの別の形であるβカロテンと一緒に摂ることが望ましいと言われています。

皮膚や喉、鼻、消化器官などの粘膜を正常に保つ働きがあります。薄暗い場所に目が慣れるのに関係していて、夜盲症を防ぐ働きがあります。

 

ビタミンAは脂溶性です。食品中には、ビタミンA以外に体内でビタミンAに変換されます。プロビタミンA (ビタミンAの前駆体) というがあります。

プロビタミンAは、植物性食品に含まれ、赤や黄色の色素であるカロテノイドがよく知られています 。

ビタミンAの供給源となる食品であるβ-カロテンは他のカロテノイドに比べて、効率よくレチノールに変換されます。

妊婦の方は、先天性欠損症を防ぐために少量にとどめた方が良いとのことです。

ビタミンA(レチノール)を含む食品は、レバー、緑黄色野菜に多く含まれます。

鶏肉のレバー、豚肉のレバー、牛肉レバー、あんこうのきも、うなぎのきも、ぎんだら、あゆ、にんじん、パセリ、バジル、卵、生クリーム、バター、のり、いくら、ほうれん草など、

βカロテンを含む食品

βカロテンとは、植物や動物に存在する色素のひとつです。体内でレチノールdであるビタミンAに変換されるため、プロビタミンAとも呼ばれています。

 

まとめ


ビタミンAは強力な抗酸化剤

βカロテンと一緒に摂ることが望ましい

 

紹介


 


2017年12月27日