サプリメントの世界は効果が要求される

サプリメンjント

 

この記事の概要


サプリメントの世界は、効果がなくては認められない世界です。第三者の体験談が基となっているので、説得力もあります。しかしながら、サプリメントが食事の代わりになるというわけではありません。

 

安保先生のサプリメントに対する意見を次のようにまとめてみました。


1. サプリメントが広がった理由

サプリメントが世の中に広まったのは、薬が効果を発揮しないからではないでしょうか。


サプリメントなどの健康食品は医師のような権威のないところで発展してきました。飲んだ人が、自分の体験から「摂ってみてよかったから勧めてみようかな」というように広まってきたのだと思います。


このような土壌では、健康食品は薬と比べれば勝ち目のない勝負をしているのですが、普及率を比べてみるとなかなかいい勝負をしています。


医療関係の人は、サプリメントでは病気が治るわけがないと言いきってしまいますが、薬はどんどん頭打ちになっているのに対して、サプリメントは新参者がどんどん拡大しています。知識と権威を振りかざしても、実際の市場では危うくなっているようです。


サプリメントは保険が利用できるものではありませんし、価格も安いものではありません。


何らかの自覚がなければ高いお金を払って飲み続ける人はいないでしょう。サプリメントの市場は、口コミによるところが大きく、良い結果が出れば、誰にでも伝えたくなります。


サプリメントの世界は効果が要求される世界です。第三者の体験談が基となっているので説得力もあります。

 

2. サプリメントは食事の代わりではない

しかしながら、サプリメントが食事の代わりになるというわけではありません。人間の食事というものは、栄養素を補うためだけのものではないと思います。 


物を噛む行為によってあごの筋肉が鍛えられたり、温かいものを食べることにより体温を上げたり、食べる行為がもたらすメリットや食べ物の種類が導くメリットがそれぞれにあるものなのです。


サプリメントに対して過大な期待は避けた方がいいでしょう。

 

3. 病気になるのは生き方の問題

病気になるのは、栄養不足の問題ではなく、生き方の問題が多いようです。それは生活の無理や心の悩みです。
サプリメントは健康をサポートしてくれますが、病気のすべてに打ち勝つわけではありません。
これさえ飲んでいれば大丈夫だという過信は危険です。

多くの場合、身体を蝕んでいるのはストレスです。根本的な改善をするには先ず生き方を見直さなければなりません。」という内容です。まさにその通りだと思います。

 

4. サプリメントの位置づけ

サプリメントは補助食品です。健康の基本となる、生活習慣、良い食事、良い水、十分な睡眠、ストレスからの解放、適度な運動が健康の基本です。それらの土台があることによって、サプリメントは健康をサポートしてくれる有効手段だと思います。


あまりにも、サプリメント依存が強いと、「効かないな」と決めつけたり、更に強力なサプリメントを求めるようになります。


それらは「健康食品」による「副作用」が大きな問題となっています。その最も大きな理由が、“お薬”の様な“強烈な効き目”です。

純度や成分のみが強調された“不自然な食品”が、「免疫枯渇現象」や「過剰摂取」などの「健康被害」を起こすことが分かって来ました。


これでは、毎日薬を摂取することと変わりません。


現代は、昔の食材と違って食品だけでは十分な栄養を補給できないことを、皆さんご存知です。

忙し過ぎる仕事やストレスの多い生活環境におかれ、なかなか十分な休養を取るのは難しいものです。


病気になってからでは、治るために、時間もお金も予想以上にかかります。現代人にとって健康をサポートする身体に有効なサプリメントは、ぜひ必要です。

(参考文献:老けない人の免疫力 安保徹さん )


まとめ


病気になるのは、栄養不足の問題ではなく、生き方の問題

サプリメントは補助食品

健康の基本となる、生活習慣、良い食事、良い水、十分な睡眠、ストレスからの解放、適度な運動が健康の基本

 

参考文献の紹介

 

食品の紹介

 

サプリメントの紹介