ビタミンDが注目されているわけ

ビタミンDが注目されているわけ

この記事の概要


ビタミンDが注目されているわけは、インフルエンザにかかりにくくなるとうことや、がんの発症を下げたり、アルツハイマー予防、高血圧などの循環器疾患予防、アレルギーの抑制にも効果があるとのことです。

 

1. ビタミンDが注目されているわけ


注目されている栄養素でビタミンDがあります。骨の健康に役立つビタミンとして知られていましたが、最近では、インフルエンザにかかりにくい栄養素として注目を集めて言います。

ビタミンDをしっかり摂ることで、インフルエンザにかかりにくくなるという実験データが出ています。

ビタミンDは、がんの発症を下げたり、アルツハイマー予防、高血圧などの循環器疾患予防、アレルギーの抑制にも効果があるとのことです。

日本人女性の3人に2足りは、ビタミンD不足です。4人に1人は、欠乏しているというデータがあるようです。

女性がこのビタミンD欠乏になる理由の一つは、シミを気にして紫外線を避けるために、日光にあたる機会が少なくなったからです。

美肌、美白のために、UVカットの化粧品や、手袋、日傘などで日光を防御する女性が増えてきました。

 

2. ビタミンDを増やすには


ビタミンDは、皮膚に当たる紫外線の働きによってつくられます。手のひらを日光に当てるだけでも効果があります。

食事では、しらす、あんこうのきも、イワシの丸干し、身欠きにしん、すじこ、いくら、や鮭、干しシイタケ、きくらげでビタミンDを補給できます。

ビタミンDの働き:カルシウムやリンの吸収をよくし、骨や歯への沈着を助けます。血中カルシウム濃度を一定に保ちます。

ビタミンDの欠乏症:子供は、骨の成長障害(くる病)が考えられます。大人では、骨軟化症。高齢者では、骨折リスクが多くなります。

ビタミンDの過剰摂取:摂りすぎると、高カルシウム血症、腎機能障害、軟組織の石灰化障害が起こるとされています。

過剰症は、サプリメント等で大量に摂取した場合に起こり、食事で起こることは、ほとんどありません。許容上限量は、成人で、男女とも、100μgです。

 

まとめ


ビタミンDをしっかり摂ることで、インフルエンザにかかりにくくなる

日本人女性は美肌をするためにビタミンDが不足している

ビタミンDは、皮膚に当たる紫外線の働きによってつくられる

 

紹介


 

 

 

 

2018年01月10日