がんの原因は血行障害と炎症

がんの原因は血行障害と炎症

この記事の概要


がんの原因は血行障害と炎症にあります。血行が悪いため、細胞へ酸素が十分供給できなくなると何とか生き延びようとしてがん細胞ができます。細胞分裂の限界の状態から再分裂が起こった細胞ががんになります。

 

1. がんになる原因


がんになる原因は、大きく分けて二つあります。

一つ目は、血行障害です。血液の流れが悪いため、細胞へ酸素が十分に行き渡らなくなる状態です。酸素の供給が不足していると、細胞にとって生きるのは苦しい環境になります。

このような状態でも何とか生き延びるため、環境に適応した細胞ががんということです。

二つ目は、慢性の炎症です。炎症が起こった部分の細胞が死んでしまうと、まわりの細胞が分裂してそこを補おうとします。

細胞が分裂するときには、遺伝子の端にある「テロメア」が短くなります。テロメアに限界が来ると細胞は分裂することができなくなります。

分裂できなくなると、テロメアーゼという酵素が、働き出します。この酵素は、テロメアを長くする働きがあります。ここで再分裂できるようになった細胞が、がんとだとも言われています。

テロメア・エフェクトによると、思考しだいでテロメアを延ばすことも保持することも可能であると述べられています。それもテロメアーゼという酵素の働きです。この場合は肯定的な思いにや生活習慣によるものだと思います。

 

テロメアーゼを活発にさせるサプリメントの長期間の服用によるがんのリスクが伴うらしいのです。

 

2. 過酷な環境で生き延びようとしているがん細胞


二つの原因とは、低酸素状態で生き延びるために生まれたがん、慢性の炎症を修復する過程で生まれたがんということです。

がん細胞たちは、過酷な環境下で何とか生き延びようとしているのです。そんながん細胞たちをいたわろうと思えば、手術、抗がん剤治療や放射線治療をしたいとは思わなくなるでしょう。

がんの自然治癒の決め手は、細胞に酸素を送り込むために血行を良くする有酸素運動や深呼吸をすることがあります。

また、温泉へ行き体温を高め、副交感優位の体にします。

慢性の炎症では、肥満や高血糖を解消するために、糖分を控え、食物繊維を豊富に摂ることを行っていくことです。

 

まとめ


細胞の酸素不足ががん細胞をつくる

炎症によるテロメアの短縮を防ぐために肯定的な生き方をする

過酷な環境にある細胞たちをいたわってあげる

 

紹介


 

 

 

 

2018年01月11日