若返りホルモンDHEAは生命力を高める

若返りホルモンDHEAは生命力を高める

この記事の概要


若返りホルモンDHEAは生命力を高めるための重要な内分泌物です。長寿ホルモンとも言われています。副腎や性腺から分泌されています。このサプリメントの市販は難しいのですが、大豆に含まれるイソフラボンは、DHEAの材料になります。

 

 

1. DHEAは、生命力を高めるための重要な内分泌物


若返りホルモンDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)は、頭をよくし、太り過ぎを解消し、いつまでも若くいられる効果があると注目されています。

DHEAとは、男性ホルモンの一種です。DHEAは、生命力を高めるための重要な内分泌物で、長寿ホルモンとも言われています。

副腎や性腺から分泌されています。女性にもあるホルモンです。

DHEAの分泌は、6歳から7歳ごろまでに増加し、二十歳前後を境に加齢とともに低下していきます。

DHEAは、血中に一番多くあるステロイドホルモンです。体中に分泌していますが、ニューロンでは特に、その濃度が高いようなので、脳はDHEAを必要としているのでしょう。

 

2. アルツハイマー患者のDHEA濃度は低い


アルツハイマー患者のDHEA濃度は、同年齢でアルツハイマー病でない人に比べ、かなり低いとのことです。DHEA値が高い人は、低い人よりも寿命が長い結果示されています。

DHEAの濃度は、20歳半ばがピークですが、70歳になるころには、20歳代のときの10パーセントくらいまで下がります。

DHEAは、脳に多ければ、脳が活性化し、筋肉に多ければ筋肉が強くなり、皮膚に多ければ、皮膚は若々しくなり、頭皮に多ければ髪の毛が元気になります。

3. DHEAサプリメントは日本では認可されていない


DHEAを増やすサプリメントを飲めばと思いますが、日本では認可されていないとのことです。

DHEAは、副腎や性腺で産出されます。ホルモンに関するサプリメントの市販は難しく、素人が服用するには問題があります。

DHEAのサプリメントを服用している人は、前立腺や卵巣がんになりやすかったり、症状を悪化させますので、この種のサプリメントには手を出さない方がよさそうです。

DHEAは副腎でつくられます。ストレスはDHEAの濃度を下げます。ストレスホルモンのコルチゾールの濃度が高いとDHEAのレベルは低くなります。

DHEAには、様々な働きがあります。脳の機能を正常に保ち、老化現象を遅らせ、がんや糖尿病、関節炎、骨粗しょう症、肥満、ウィルス感染及び細菌感染、高血圧症を防ぐと言われるほどの夢のような薬です。

 

4. DHEAを食物から摂る


サプリメントとしての服用はできませんが、食べ物から摂取することは、可能のようです。

大豆に含まれるイソフラボンは、DHEAの材料になるので、納豆を食べることでDHEAの分量が増えます。

DHEAは、副腎から分泌され、副腎を活性化するには、イワシに含まれているセレンが効果があるようです。

ストレスから解放され、副腎を元気にしてあげれば、自ずとDHEAが分泌されるのです。適度の運動がDHEA量を増やしてくれるようです。

副腎は、繊細な臓器なので、ストレスが多くなると副腎はDHEAを分泌できなくなります。日々の生活で気分よく、リラックスした状態で過ごすことが、DHEAの分泌にとても効果的があります。

 

まとめ


DHEAは、生命力を高めるための重要な内分泌物

DHEAの濃度は、20歳半ばがピーク、70歳代では10パーセントに低下する

DHEAサプリメントは日本では認可されていない

大豆に含まれるイソフラボンは、DHEAの材料になる

 

紹介


 

 

 

2018年01月12日