加工食品が抱える大きな問題点

加工食品の大きな問題点

この記事の概要


加工食品が抱える大きな問題点は、貧弱な栄養素があるということです。不足していたミネラルは、カルシュウム、マグネシュウム、鉄、亜鉛、銅の5つの必須ミネラル全てが、20歳女性の推定平均必要量に達していなかったという深刻な問題です。

 

1. 食材豊かな日本に栄養失調が存在する理由


豊饒な食材の時代に、なぜ栄養失調状態が存在するのでしょうか。便利になった現代日本人は、インスタント食品、コンビニ弁当、ファストフードと口にするのは、加工品が多いということです。

加工品には、添加物として、着色料、人工甘味料、ショートニング、マーガリン、保存料などが使用され腸内環境を傷めています。

最近では、加工品の中に、保存料を使用していないものも売り出されてきました。食の安全・安心を強調するようになってきました。

それでも、加工品の中には、貧弱な栄養素があります。それはミネラルです。

総務省が発表している「家計調査」によりますと、日本の過程は、生鮮食品よりも外食や加工品にお金を払うようになっているとのことです。

このことは、ビタミン、ミネラルが不足している加工品を日常的に摂ることで、新型栄養失調が起こるのです。

現代は、一人暮らしで外食の機会が増えたり、働くお母さんが多くなり、家庭で準備できる時間が少なくなってきたことも原因の一つです。

便利な生活になり時間にゆとりができたかというと、逆に忙しい時間を過ごす人が増えてきました。同時にストレスに悩まされる人も増えています。

そのため食事に手間暇をかける余裕がなくなり、コンビニを利用する人が増えているのでしょう。

コンビニエンスストアで、1日の食事を済ませた場合のミネラル摂取量が、どれだけあるのか、実験した結果があるようなのです。

不足していたミネラルは、カルシュウム、マグネシュウム、鉄、亜鉛、銅の5つの必須ミネラル全てが20歳女性の推定平均必要量に達していなかったというのです。

推定平均必要量とは、摂取しても半分の人が欠乏症になっている量なので極めて深刻だというのです。

参考文献

 

まとめ


加工品の中には、貧弱な栄養素がある

ミネラルは、カルシュウム、マグネシュウム、鉄、亜鉛、銅の5つの必須ミネラル全てが20歳女性の推定平均必要量に達していなかった

 

紹介


 

 

2018年01月17日