栄養の測定方法が昔と現代では違う

栄養の測定方法が昔と現代では違う

この記事の概要


栄養の測定方法が昔と現代では違うのです。50年前は、滴定法で、現代はHPLC法です。分析法の制度が全く違い、現代の測定方法の方が、数値が少なくなる傾向にあるようなのです。そのため、単純に比較するのは、ばかげているということです。

 

1. 栄養素の測定方法


多くの方が思っているのは、今の野菜では、農薬や化学肥料の使用で土壌が痩せているので十分な栄養が摂れない、だからサプリメントが必要だということです。

これは鵜呑みにしてはいけないことなのです。なぜならば、50年前と現在の栄養要素の測定方法が違うからです。

50年前は、滴定法:化学反応を用いて化学物質の量を測定する定量分析法である。特に中和点を利用するものを中和滴定と呼ぶ。被滴定物質に対して、濃度が既知の標準物質である滴定剤をビュレットを使用し滴下して反応を進行させる。 (ウィキペディアから引用)

現代は、HPLC法:高速液体クロマトグラフィー(こうそくえきたいクロマトグラフィー、英: high performance liquid chromatography、略称: HPLC)はカラムクロマトグラフィーの一種である。移動相として高圧に加圧した液体を用いることが特徴である。(ウィキペディアから引用)

どちらも聞いたことがない難しい測定方法です。ウィキペディアから引用してきました。

簡単にまとめますと、分析法の制度が全く違い、現代の測定方法の方が、数値が少なくなる傾向にあるようなのです。そのため、過去のデータと現代のデータを単純に比較するのは、ばかげているということです。

2. 旬の野菜


昔は、旬の野菜しかありませんでした。現代は、一年中、季節にかまわず春夏秋冬の野菜や果物が売っています。旬の野菜と旬の野菜でないものの栄養価の違いがあるにもかかわらず、測定結果で目をつむっているのです。

実は現代の野菜も旬の野菜を選んで食べれば、昔と同じように栄養素を摂取することが可能なのです。

旬の野菜が何かを分からない環境に育てば、良い野菜や旬の野菜を見極める目を持つのが難しくなるでしょう。

旬の野菜は、季節が来ると供給が増え、価格が安くなります。旬の野菜は、体にとって栄養素をたくさん摂ることができるのです。

 

まとめ


50年前と現在の栄養要素の測定方法が違う

現代の野菜も旬の野菜を選んで食べれば、昔と同じように栄養素を摂取することが可能

 

紹介


 

 

2018年01月19日