右脳と左脳のコミュニケーションをよくする

右脳と左脳のコミュニケーションをよくする

この記事の概要


右脳と左脳のコミュニケーションをよくする力があるのは、アセチルLカルニチンです。右脳と左脳のコミュニケーションが改善されると、想像力が刺激され、バランスの取れた認知能力を発揮でき、記憶障害を改善し、日常生活が向上します。

 

1. アセチルLカルニチン(ALC)


アセチルLカルニチン(以下ALC)は、自然界にある物質です。これは、脳の活力源であるミトコンドリアのエネルギー代謝を活性化します。また、脂肪酸の酸化でできるフリーラジカルが細胞内に発生するのを防御する働きがあるのです。

ALCには、右脳と左脳のコミュニケーションをよくする力があります。他にこの力を持っているのは、ピラセタムという薬だけです。

右脳と左脳のコミュニケーションが改善されると、想像力が刺激され、バランスの取れた認知能力を発揮できるとのことです。

 

2. ALCの効果


認知機能が衰えた、279人の患者の半分に毎日ALCを1500㎎投与し、残りの半分に疑似薬を飲んでいただきました。

ALCを投与された患者の皆さんは、迷路を抜ける能力テストでは、投与された後の方が、所要時間が43パーセント短縮されたという報告があるくらいです。

右脳と左脳の伝達能力を測る実験において、右利きの人は、右手で行う方がよくできたのですが、ALC投与後は、右手と左手の差はほとんどありませんでした。

このことは右脳と左脳の調整がうまく行えたということになります。

体内には約20gのカルニチンがほとんど筋肉細胞に存在しています。1日のカルニチン生合成推定量は10〜20mgです。

大部分は肉食により補給されます。

「健康な小児および成人は、1日に必要なカルニチンを肝臓および腎臓でアミノ酸のリジンとメチオニンにより十分な量を合成するため、食物やサプリメントから摂取する必要はない」という報告もあり必須栄養素とはみなされず、摂取基準量などは設定されていなません。

また、「腎臓はカルニチンを効率的に保持するため、摂取した食事のカルニチン含有量が低くても、体内のカルニチン量にはほとんど影響しない。」とする報告もあります。(ウィキペディアより)

3. カルニチンを含む食品


mg/kg

ヤギ(2210)、ラム肉(1900)、鹿肉(1174)、牛肉(1180)、鶏肉(80)、ロブスター(270)、岩ガキ(243)牛乳(55)、ヨーグルト(44)、マグロ(34)、鮭(31)、ブロッコリー(4.8)、アボカド(4.0)

 

まとめ


アセチルLカルニチンには右脳と左脳のコミュニケーションをよくする力がある

右脳と左脳のコミュニケーションが改善される

大部分は肉食により補給される(牛肉は手に入りやすい)

紹介


 


 


2018年01月20日