アミノ酸の働きが重要視されている

アミノ酸の働きが重要視されている

この記事の概要


一部のアミノ酸の働きが重要視されているのです。それらは、フェニルアラニン、グルタミン、メチオニン、トリプトファンです。気分を明るくしたり、元気にしたり、記憶力を高め、思考を明晰にし、注意力を高め、脳の毒素を清掃してくれます。

 

1. 脳に効く栄養素


脳に効く効果は、薬品に劣らないのです。その栄養素とは、サプリメントと自然の強壮剤があります。

十分な栄養分を得るには、大量に食べなければならないものがあります。例えば、1グラムのビタミンCを摂取するには、毎日オレンジを20個も食べなければなりません。

50ミリグラムのビタミンB6を得るには、レバーを9キロも食べなければならないのです。ビタミンの摂取過剰を心配する人もいます。ビタミンAは大量に摂取すると、確かに体に悪影響があるのもあります。(しかしながら

、ビタミンAの弊害を見たことが、「これで脳は若返る」の著者はあまりないとのことです。)

ビタミン同様、ミネラルの不足による栄養失調が、現代の問題と揚げられています。

関連項目

 

ビタミン、ミネラルのほかに、一部のアミノ酸の働きも、とても重要視されています。それらのアミノ酸とは、フェニルアラニン、グルタミン、メチオニン、トリプトファンです。

2. フェニルアラニン


フェニルアラニンはエネルギーをもたらす、ノルアドレナリン(神経伝達物質)のもとになります。いろいろなたんぱく質には、フェニルアラニンが含まれています。

効果として、気分を明るくしたり、元気にしたり、記憶力を高める働きがあります。

元気に生活したり記憶力を保つためには、十分なフェニルアラニンが必須です。

牛乳、卵、肉などの食品中のたんぱく質に多く含まれている必須アミノ酸の一つです。

 

3. グルタミン


グルタミンは気分を沈める神経伝達物質ギャバ(ガンマアミノ酪酸)の前駆物質です。効果として、思考を明晰にし、注意力を高めます。

脳内の代謝で出た老廃物を、無害なものにする働きがグルタミン酸にはあります。注意力を必要とするときには、仕事に取り組む前、グルタミン酸を補給する人もいます。

 

4. メチオニン


メチオニンは脳の毒素を清掃してくれるアミノ酸です。抗酸化力が強く、脳内の水銀やカドミュウムのような重金属が溜まるのを防ぎます。

 

5. アルギニン


アルギニンの一部は、体の中で、脳の記憶処理を助けるスペルミンという化学物質に変化するというのです。

スペルミンが少ない人は、加齢によって記憶障害になる人が多いとのことです。アルギニンには、代謝を促進させる効果があるので、減量に使われることもあります。

 

6. トリプトファン


トリプトファンは、一時サプリメントの摂取で問題があり手に入りませんでしたが、ネットショップを見ると売られているのが確認できます。

食品の中では炭水化物に多く含まれています。

気分を良くさせる神経伝達物質セロトニンは、トリプトファンから生成されます。神経が高ぶったり、不眠症で悩んでいる人はセロトニンが不足しているかもしれません。

 

まとめ


サプリメントと自然の強壮剤は、脳に効く効果が薬に劣らない

気分を明るくしたり、元気にしたり、記憶力を高める働き

気分を沈める神経伝達物質

脳の毒素を清掃

代謝を促進させる効果がある

 

紹介


 

 

 

 

2018年01月22日