心の病の原因は適切な栄養不足

心の病の原因は適切な栄養不足

この記事の要約

脳と心の健康、幸福感、心の喜びを発揮できないのは、栄養が適切に摂り入れられていないためです。心の病の原因は、長期間にわたる栄養素を適切に摂取できなかったことや、環境破壊にてって、ある毒物の影響です。心の病の原因は適切な栄養不足なのです。

 


1. 病の原因は適切な栄養不足と毒物

本来あるべき脳と心の健康、幸福感、心の喜びを発揮できないのは、栄養が適切に摂り入れられていないために、生活を送っているのだと思います。

人は、様々な物を食してきているので、食べ物や、飲み物が体や脳に影響が及ぼされることを経験で分かってきています。

アルコール飲料として日本酒、ビールを飲んだりすれば、とても明るい気分になります。眠気から解放されたいときは、コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料を飲めば目が覚め、頭がすっきりします。

甘いおやつとしてケーキやチョコレートなどを食べると元気が出て、仕事や勉強で溜まった疲れが吹き飛んだ気分になれます。


2. 薬を服用する人たち

多くの精神科や精神内科の薬を服用している人々は、実は薬や心理カウンセリングを必要としないのです。

薬の不足が、心の病いの原因ではないし、心の叫び声を誰かに聞いてもらえないからでもないのです。


3. 脳への適切な栄養不足

心の病の原因は、長期間にわたる栄養素を適切に摂取できなかったことや、環境破壊にてって、ある毒物の影響であることが考えられます。

脳に最も適した栄養素が与えられたなったことが心の病の原因なのだと思われています。脳の栄養素の最適レベルは個人差が大きいのです。


4. 最適レベルも個人によって大きく異なる

その最適レベルも個人によって大きく異なります。試しに数人の人に同じだけの栄養素の量を摂取してもらった場合、そ反応は一定ではありません。

同じ栄養素を摂取しても、一人は頭の調子が本調子ではありませんが、もう一人はとても調子が良いということが現実に起こりえるのです。

個人差があることが分かっているので、脳を最適に働かせるには必要なビタミン、ミネラル、アミノ酸、必須脂肪酸の摂取量も人それぞれによって異なります。また体質や置かれた環境によって、一日に摂取すべき量をはるかに超える場合もあるのです。

生まれながらにして両親から受け継いだ遺伝子、生まれてから今まで食事によって組織されてきた脳や肉体、生活習慣によって精神状態は左右されるものです。


5. ストレスで多くの栄養素が消費される

ストレスに晒された環境で、長い間生活していると栄養素を消費します。受動喫煙が問題になっていますが、たばこの煙や花粉によってビタミンなどが多く消費される場合があります。

それは、脳や体が慢性的なストレスにさらされているため、ノルアドレナリン、コルチゾール、セロトニンなどの伝達物質やホルモンをつくってストレスや気分の高揚や低下に対処するためです。


6. 原料となるアミノ酸も多く消費

これらの伝達物質やホルモンが多く消費されるということは、その原料となるトリプトファンやチロシンなどのアミノ酸が消費されます。

アミノ酸の更新の際には、ビタミンC、ナイアシン、葉酸、ビタミンB6、マグネシウム、マンガン、亜鉛、鉄なども失われるので、供給を怠らないほうがいいのです。

ストレスが多い人ほど、栄養素の要求も増えるのです。それにもかかわらず、多くの人々は、脳に最適な栄養素を供給していません。

自分では、食事の献立が十分な栄養だと思っていても、最適な栄養素とは言えないこともあります。理由は、ストレスが多いため、伝達物質をつくる栄養素の量が少ないことにも原因があるようです


まとめ

病の原因は適切な栄養不足と毒物の摂取

脳に最も適した栄養素が与えられたなったことが心の病の原因

最適レベルも個人によって大きく異なる

ストレスで多くの栄養素が消費される

原料となるアミノ酸も多く消費される


紹介欄

 

 

 

2018年09月04日