記憶するために眠り忘れるために眠る

記憶するために眠り忘れるために眠る

  • 2019年2月1日
  • 2020年6月19日
  • 睡眠
  • 59view

この記事の概要

質の良い睡眠は記憶するために眠り忘れるために眠ることができるようになります。感情を昂らせることがなく、安心して就寝する習慣が身に付きテロメアの短縮を防ぐことになります。労働において、夜のシフトを常習化してしまうとテロメアーゼの自然の増減を失わせてしまいます。

NICETOWN 遮光カーテン 2枚セット UVカット断熱 防寒 防音 省エネ 高級感のある生地 リビングルーム 幅100cm丈110cm ローヤルブルー


1. 睡眠不足が感情を強烈にする

よく眠れているときは、記憶の効率が上がります。疲れているときは、意識を集中できない状態になり、新しく学習を取り入れたり情報を記憶できなくなります。

睡眠には、ニューロン間の新しいつながりをつくる働きもあります。良い睡眠ができれば、よく学び、記憶として蓄積させることもできるのです。

他に睡眠の効果には、感情の高ぶりを和らげ、辛い記憶を癒す力があります。これらの働きは、レム睡眠の時に行われています。レム睡眠の間は、脳内の刺激性化学物質の働きが抑制され、記憶から感情を切り離すことができます。この作用によって、辛い記憶を思い出しても心身に強い動揺が起きなくなるのです。

睡眠不足はすべての感情を強烈にするのです。

PROIDEA プロイデア かぶって寝るまくら IGLOO(A)


2. テロメアに必要な睡眠時間

イギリスの公務員を対象に行われたホワイトホール研究によりますと、睡眠時間が5時間以下の高齢者男性は、7時間以上眠る人に比べてテロメアが短かったのです。

テロメアの健康にとって睡眠時間の限界は7時間ということです。睡眠時間が7時間を下回るとテロメアに損傷が出始めます。全ての人が7時間という限界に当てはまりません。5時間から6時間しか眠らなくても大丈夫な人もいれば、8時間から9時間の睡眠時間を必要とする人もいます。昼間、眠いと感じる場合は、夜の睡眠がもっと必要なのです。


3. 睡眠の質

睡眠時間7時間が大切なのではなくもっと大切なのは、睡眠の質です。

睡眠を振り返ってみて、よく眠れたと感じるのは、テロメアの健康度が高い状態にあります。睡眠の質を高く評価した人ほど、テロメアは長いという結果が出ています。

質の高い良い睡眠は、テロメアを守ります。その力が発揮されるのは、年老いた時です。

加齢とともにテロメアは自然に短縮されていきます。睡眠によってテロメアの短縮は緩和されます。研究結果によりますと、質の良い睡眠をとることで、テロメアの短縮を抑えているようです。睡眠の質が良い状態であるならば、テロメアは数十年にわたって良好な状態を保てるのです。


3. CD8細胞

質の良い睡眠には、免疫を担うCD8細胞のテロメアを保護する作用もあります。

CD8はT細胞受容体の共受容体として働く膜貫通糖タンパク質である。T細胞受容体と同様に主要組織適合抗原(MHC)に結合するが、MHC-Iと特異的に結合する。CD8にはαとβの2種類のアイソフォームが知られ、それぞれ異なる遺伝子から翻訳される。ヒトの場合、両遺伝子とも2番染色体の2p12遺伝子座に位置する。(ウィキペデアから引用)

CD8細胞をはじめとする免疫細胞が軍隊のように体を守ってくれている間は、脅威の存在に気づいていません。体内に入り込んだ異物は通常、免疫細胞に取り込まれ、壊されてしまいます。CD8細胞は効果的な防御システムの一部なのです。その働きは、テロメアが短縮して老化が始まるまでなのです。

テロメアが短くなってしまうと、外科医から血流に入り込んだ異物と戦うことが困難になってしまいます。CD8細胞のテロメアが短くなった人は、風邪のウィルスにも簡単にやられてしまいます。

睡眠の質が悪い人は、CD8細胞のテロメアが短い傾向にありました。昼間に異常な眠気を感じるのはテロメア短縮の前兆です。


4. 睡眠の長さと質

睡眠のリズムは就寝と目ざめの時間を規則正しく良いリズムを維持することは、細胞がテロメアーゼを調整するうえでとても大切です。

「時計遺伝子」を取り去ったマウスの実験では、正常なリズムがなくなりました。正常なリズムとは、朝はテロメアーゼの値が高く、夜には低くなりますが、「時計遺伝子」がないマウスは、正常なリズムを失い、テロメアが短くなりました。

人間の場合、夜のシフトを受けている勤労者は、テロメアーゼの自然な増減のリズムが失われていました。睡眠と覚醒の正しいリズムがテロメアーゼを維持するうえで大切であり、テロメアを補充し続けるためにも重要なことなのです。


5. 不眠

不眠の特徴は、目が異様に冴えて眠れなくなることです。眠ろうとすればするほど眠れなくなってしまいます。

もう一つの特徴は、過去の出来事や未来の不安に心を煩わされてしまうことです。良い眠りにつくためには、心と体に不安がなく安心した状態であることが大切になります。

安心した状態とは、何かの考えをコントロールしようとするのではなく、それらの考えを消し去ろうと努力するのではなく、努力するのをやめてしまうことです。

努力を放棄すると力を抜いたやり方で瞑想でき、就寝するときに心配で昂る気持ちから解放されていうのです。


まとめ

睡眠不足が感情を昂らせる

テロメアに必要な睡眠時間は7時間

正常な睡眠時間のリズムは朝はテロメアーゼの値が高く夜には低い


Amazonの参考欄(商品リンク)

スタンフォード式 最高の睡眠

パナソニック 頭皮エステ サロンタッチタイプ ピンク EH-HE9A-P

TENNTOU アイマッサージャー 目元マッサージャー 温熱 ツボ押し 振動 USB充電式


記憶するために眠り忘れるために眠る
最新情報をチェックしよう!
>健康的に若返る体

健康的に若返る体

健康的に若返る体をつくる鍵は、テロメアにあるのです。テロメアを補填する酵素があります。それは、テロメアーゼ。テロメアーゼの働きをよくするには、ストレスを克服し、有酸素運動を取り入れ、テロメアに優しい食事と水を摂ることです。健康的に若返る体をつくるには睡眠時間の7時間は必要です。

病気にならず、日々楽しく健康的に暮らせるよう情報を提供してまいります。それに欠かせない食品、サプリメントも紹介していますのでご参照ください。

CTR IMG